どらの自由帳

最近は模型の製作がメインになっています

アルティメットニッパーに出会う。少し試し切り

どもども、こんばんは

タイトル通りなのですが、先日某電気屋をさまよっていたところ偶然にもアルティメットニッパーに遭遇しました!!

たまにネットショップを確認しているのですが、売っているのは転売価格の物のみ。。。公式ですらなかなか買えないようです。そんなレアものが偶然入荷したタイミングだったのでしょうか、2本だけ置いてありました!!

ちょうど新しいニッパーを探していたのもあり即確保!!無事購入できました。

f:id:ledora77x:20210320195132j:plain

正直、そこまで必要性は感じてはいなかったのですが運命的な出会いに飲まれてしまいました・・・・・片刃ニッパーは使ったことがないのでどんな物なのか見てみたいと思います。

f:id:ledora77x:20210320195519j:plain

まあ当然ですが、各部の造りはこだわりを感じますね。そこそこの片刃やそれなりの両刃の倍の価格はしていますので当然かもしれませんが…

f:id:ledora77x:20210320195809j:plain

片刃ということで、片方はまな板になっています。このまな板部分もこだわりがあるようです。当然片方しか刃がないので、切る方向・持ち方などは固定されてしまいます。説明書では刃のみを、力を入れずに動かし切るそうです。

せっかくなので両刃ニッパーと比べながら試し切りをしてみます!まずは両刃から

f:id:ledora77x:20210320200301j:plain

こちらが両刃ニッパーの断面。ちょっと長く使っていたので切れ味はそこまでよくはありません。しかし断面中央に白く跡ができているのがわかりますね。

f:id:ledora77x:20210320200535j:plain

こちらがアルティメットニッパー。先ほどの両刃と比べて断面の跡が端により、目立たなくなっていますね!

f:id:ledora77x:20210320200802j:plain

並べて左がアルティメットニッパー、右が両刃ニッパーになります。明らかに白くなる切断跡が減る・わかりづらくなっているのがわかります!正直思っていた以上に切れ味がよく、無駄な力が一切いらないのは驚きました。

すっと切れていくので、切っていく音が両刃ニッパーだとパチンパチンと音を立てていたのが、アルティメットニッパーはプチプチとかなり静かです。。これだけで切れ味のよさは感じられます・・・

さて、使ってみた感想になります。

切れ味は抜群。断面も明らかにきれいになっているのがわかりました。使い心地もよく力を必要としないので長時間の使用も楽になりそうです!

しかし良い面だけではないかと思います。なんといっても入手性の低さ・価格の高さは他のものと比べると難易度の高い道具に見えてしまいます。ついでに基本的なことですが、精密な道具は使い方も正確なものが必要になっていきます。一般的なニッパーとは同じに考えてはいけないものだと思います。そんな難しくはありませんが。

以上を踏まえると、それなりにやっている人向けに思えるのですが、個人的な考え方になりますが、むしろ素組みなどそこまで時間をかけない人向けだと思いました。

この商品の一番の魅力は何といっても切れ味・断面の綺麗さになります。しかしそれは、ニッパーで数度切り・ナイフで削り・やすりで整え・サフを吹くような作りこむ人たちには、あまり大きな違いにはなりません。結局やる工程はたいして変わらないのである程度切れるニッパーでも十分かと思います。

なので!ニッパーでの切り口が、仕上がりになる素組みなど、時間をかけない作り方には大きな違いになるかと思います!むしろそういった人たちにお勧めしたい商品だと思いました!値段はしますが、時間をかけずに完成の出来が上がるのは大変魅力的です。

以上をまとめますと、普段から作りこむ人たちは欲しければ買えば程度ですが、素組みメインの人にはぜひおすすめしたい一品でしょう!これだけで出来が大きく変わること間違いなしです!!(説明書はよく読んでください)

少し長く語ってしまいましたが、以上がアルティメットニッパーを使ってみたという記事になります!これからはこれがメインになるかと思いますがまた何かありましたら記事にしたいと思います!

ではではノン