どらの自由帳

最近は模型の製作がメインになっています

最近買った模型道具紹介!その4(ガンダムカラー・塗装棒・PS290)

 

どもども、こんにちは

今回も、今回は本当に最近買った道具を紹介していきたいと思います!

まずはこれら

ガンダムカラー ラッカーたくさん

最近はガンダムも少し手を出し始めていますので、とりあえず使いそうなものたちを揃えてみました!クレオスはラッカー新色をあまり出していない気がしますが、水星の魔女系はラッカーででるのでしょうか…

特に気になる基本色とそのアニメカラーを塗ってみました。アニメカラーも古いガンダムにはあいそうですね。イエローの差が現物を見ても差がいまいちわかりません…

そのうち使う機会があるかと思います。

続きまして

持ちやすい塗装棒 貼るタイプ

ホビーベースから貼るタイプの塗装棒となります。名前の通りただの板に両面テープでパーツを固定するものです。

こんな感じ。両面テープも40枚付いています。

片側5mm、両側で10mmとなりますので割と両面テープは手に入りやすいと思います。ただ貼ってみて感じたのは、当然金属に貼りますので粘着力はそれなりに必要になります。私もちょっと用意しないといけません…

ホビーベースの塗装棒はそれなりに太く安定して作業ができるので気に入っています。

いつも割りばしに付けていたので、ちょっと進化しました!

最後はこちら

プロコンBOY LWAトリガータイプ PS290+ハンドグリップ

恐らくPS290の方が伝わるクレオスの0.5mmノズルエアブラシです。それに加えハンドグリップも購入しました。商品を見る前にひとつ…2つ合わせるといいお値段になってしまいますね…

開けるといつものクレオスの梱包といった感じですね。

付属品はこんな感じ。15ccのカップにノズルキャップが2種類付属します。これは塗る面積(形)が変わるもので、せっかくついているので使いこなせるといいですね…

他にはいつものエアホースの細、エア缶用のやつ。どちらも使い道は…

ノズルキャップは丸いものが通常のエアブラシタイプ。上下に2つ付いているものは、吹付面が楕円に広がるもので回転させることで、楕円の形を縦にするか横にするのか選べます。

またニードルがノズルから飛び出さないので、多少は安心です。それでも気を付けて扱わないといけませんが。

グリップを付けてみました。

持った感じは、非常に持ちやすいです。グリップなしはかなり難のある操作性でしたので、必須と言っていい装備品だと思います。最初から付けてよと思いますが…

ちなみに重さは本体が188gとトリガータイプにしては軽めに見えますが、グリップが39gと合わせると231gになってしまいます。これは普通に重めだと思います。

かなり軽めの作りをしているビューティー4+の重さが177gと、重さだけ見ればそちらを使った方がいいかも…?

本当に買ったばかりなので使ってみた感想はまた後日、使っているエアブラシとまとめて紹介したいと思います。実は0.5mmは初めてなので楽しみです!

今回の最近買ってみた商品は以上となります!

気になるものはありましたか?塗料も塗装棒もエアブラシもいくつあっても困りませんからね!?

次の道具は何にしましょう…

ではではノン

www.mr-hobby.com

www.mr-hobby.com

アオシマ 1/72 陸上自衛隊水陸両用車(AAVP7A1)を作る

どもども、こんにちは

なんとか11月中に製作をすることができて、まずほっとしています…11月最後の日なんですけど…

43日ぶりの製作記事となります。大変お待たせいたしました。

それでは今回作っていきますのはこちら

アオシマAAVP7A1となります。こちらはRAM/RS EAAKとなり、一般的なAAV7に増加装甲をつけたものになります。

自衛隊では最近設立された水陸機動団などに合計58両が配備されています。しかしAAV7自体既に50年近く使われている車両と、既に後継のACV1.1がアメリ海兵隊では決まっています。三菱で開発していた水陸両用車はどうなってしまったんでしょう…

さて中身を見てみます!パーツはそこそこ、クリアーパーツに大きいものが入っていますね。

組み立てていきます。内部も再現されていますが、固定するためにナットを仕込みますので隠してしまいます。

割としっかり作られています。

後部ドアもしっかり開閉式になっています。

続いて砲塔、M2とMk.19グレネードランチャーが装備されています。一応動きそうなパーツをしていますが、グレネードランチャーの給弾部分?が固定されているため角度を変えたりはできません。

豪華にも、ペリスコープはクリアパーツです。あとちょっとだけ銃口を作ってあります

車体上部を作っていきます。

増加装甲は側面だけでなく、兵士搭乗部の上面ハッチ等にも追加されています。

側面増加装甲はこんな感じ。本体の手すりが撤去され装甲側につきます。

蓋をします。結構あっさりはまってくれました。

前方のフェンダー?は少し難ありといった感じでした。接着してしまえばどうにでもなりますが、履帯を後付けにするためこの部分は仮止めにしておきます。

次のEAAK取り付けでも同じなのですが、取付穴を自分で開ける必要があり、それがあまり正確ではなさそうです。組み立てながら穴を広げたりする必要がありました。

全部載せるとこんな感じ。このデザイン個人的にかなり好きな車両です。戦車より兵員輸送車の方が好きなのかもしれませんね。

とりあえずすべてのパーツが揃いましたので、塗装に入ります。

まずはグレーサフを

なぜか増加装甲をつけた写真しかありませんでしたが、モデルカステンの自衛隊色を使用し濃緑色から吹きました。ついでに増加装甲部分は中島系の濃緑色となります。

また車体上部の増加装甲も中島系となっていましたが、様々な実際の写真を見ていますと車体色で同じように迷彩を入れているものも多く見られましたので、車体と一緒に塗っていきたいと思います。

前回10式を作った時と同じく、迷彩は筆である程度描いてから中をエアブラシで塗装します。側面は全部隠れちゃうんですが…

前回より多少上手くなってる気がしました!気のせいかもしれませんが…多少はみ出している部分は修正しておきます。見えなくなる部分でしたが…

全体にシェイドブラウンでフィルタリングを行い、グランドブラウンでちょっとだけ墨入れも行いました。

フェンダー?を外し履帯を取り付けていきます。

履帯はパーツ数が少なく簡単に組み立てられました。

デカールを貼ります。今回は「水陸機動団戦闘上陸大隊 第一戦闘上陸中隊」となっています。

増加装甲を取り付けます。だいぶ浮いてしまっている気もしますが…セミグロスクリアーで仕上げます。この形状も、反射してしまって撮りづらい…

ということで完成になります!

少し長くなってしまいましたが、感想もすこし…

まず大前提として1/72というところで、しっかりと再現されていると思います。1/35のAAV7はどれも手が出しずらいものばかりですので、スケールは違いますけどこうして手軽に作れるものを出してくれるアオシマには感謝しなくてはいけません。

ひとつ書くとすれば、増加装甲の取り付けがやや不安ということでしょうか。いまいち合わせがよくなく、接着箇所がサイズに対して少ないです。特に増加装甲の下の方はちょと注意が必要です。そもそも模型にそんな強度は必要なく、飾る分には十分なのですが。

さて製作は以上となります!最後までご覧いただきありがとうございました。

ちゃんとした写真はまた後日。

ではではノン

 

最近買った模型道具紹介!その3(掃除機・ラベルライター)

 

どもども、こんにちは

今回も最近買った模型道具を紹介していきたいとおもいます?い、一応製作に使う道具なので模型道具です!

まずはこちら

ブラザー ピータッチキューブPT710BT

よくあるラベルライターになりますが、スマホを使って文字を入力できるタイプになります。

ピータッチキューブは3種類ほどバリエーションがありますが、その真ん中のタイプになります。バッテリー充電式、PCでも使用可能、オートカット機能と下のタイプに比べると結構性能に差がある感じがします。

逆に上と比べるとそこまで機能差はないように感じますね!正直6mmと12mmが使えれて機能がそこそこあれば十分ですのでこちらを選びました。使い方で選びましょう

中身はこんな感じ。2種類のテープが付いてきます。キーボードがない分とてもシンプルで、置くところには困らなそうです!

使ってみます。ぺろぺろ出てくるのが見ていて面白いです…また使っていてわかりましたが、オートカット機能は非常に便利でした。もうこの機能がないものは使えませんね…

こんな感じで綺麗に色の見本が作れたり

保管用の段ボールに名前を付けたり、塗料瓶にも難なく貼れるのもとてもよかったです!おしゃれな使い方…?人には向き不向きがありますからね!!

製作道具の整理に非常に役に立っています!

 

では続いて

Shark EVOPOWER EX

シャークのハンディクリーナーになります。これは本当に最近買ったものです…

中身はこんな感じ。いいですね、このおもちゃとかによく使われている梱包材!

こちらもいくつかバリエーションがありもっと安いのでもよかったのですが、このフローリング用ノズル(長いやつ)これに惹かれてこのEXというのを買ってみました。

しかし使っているとモーターヘッドが一番魅力的に感じました!カーペットや布団や…手軽に本当によく掃除できます。

置いてみるとわかるデザインの良さ!リビングに堂々と置いても違和感がありません。

用途としては製作中のちょっとした掃除に使おうと思っていたのですが、ちょうど部屋の改装をしているため本来の目的ではまだ使われていません…しかし!このサイズでコードレス、非常に使い勝手がよく改装中常に持ち歩いているくらいです!

ちょっとした掃除が非常に楽になりました。ただあくまでハンディクリーナーですのでこれですべての掃除をするのは大変かもしれません。通常の掃除機との使い分けをすればきっと効率的にお部屋をきれいにすることができるでしょう。

 

さて今回は一つ一つが長くなってしまったので、2つだけの紹介となりました。どちらもこの商品でなきゃ!というわけではありませんが、模型製作において整理や掃除は避けられない問題です…何かしら用意しておくと、製作がスムーズに進むかもしれませんよ!

いよいよネタ切れ感がでてしまう内容でしたが、改装もそろそろ終わりそうです。今回までは過去に撮ってあった商品を紹介していましたが、次はよく使っている道具が紹介できるかもしれません。製作の方も少しずつ再開できていければと思います!

ではではノン

doranobook.com

www.brother.co.jp

www.shark.co.jp

 

 

最近買った模型道具紹介! その2 (筆)

 

どもども、こんにちは

前回はあまりにばらけてしまったので、今回は最近買った筆を紹介してみたいと思います!筆は何本あってもいいですからね。。

まずはこちら

タミヤモデリングブラシHG2になります。2とありますように、無印のHGからの新作となっています。

最初は転がり防止がついただけかと思っていましたが、よく見ると毛が馬毛からPBT樹脂に変わっています!

筆のサイズは無印から変わっておらず、PBT樹脂毛によりコシが強くなっています。個人的にはこちらのほうが使いやすく感じました。当然使う場面ごとに合うあわないはあるのでしょうが…私にはそんな専門的な知識はありません!!馬毛はすこし柔らかすぎたかな…

あとわずかな差ですが、グリップの感触?がよくなっている気がしました。

 

続きまして…

神筆、いっぱい。主に面相筆のよく使いそうなサイズと斜め筆を買ってみました。ついでに筆洗という筆を洗える瓶です。

瓶はこんな感じで、厚みがあり底が丸くなっています。中の容量がちょうどよく、筆にも優しく使いやすいと思います。

気になる点ですが、よくあるブラシウォッシュでは洗う場所が高くなっており、下に汚れがたまっていく仕組みがこちらにはないということでしょうか。あと値段も高い…筆を大切にしたい方には良い商品だと思いますが…わざわざこれを用意する必要はあまり感じられませんでした。

買った神筆はこちら。よく使うのは面相筆S,Mあたりでした。どの面相筆も細く長さもありますので、細かい部分の塗装は非常に使いやすいと思います。その分、塗料を含める量は少ないので大きい面には向いていません。当然ですが…

斜め筆に関しましては、いろいろ使っていて戦車のタイヤ部分を塗るのに便利だと気付きました!わざわざそのために用意するのはあれですが、形状的にも様々な塗り方ができると思います。

どれも買ってよかったですね!

 

最後はこちら

HQパーツのエアブラシ洗浄用熊野筆になります。一応筆です…

エアブラシ専用の洗浄筆です。塗装後のカップ内の掃除をしてくれる筆になります。

なんだか高級そうな筆ですが、そこまで高くはありません。たぶん…しかしこの筆、想像以上に便利な掃除道具です!掃除用なんてなんの筆でも…なんて思っていましたが、この筆の長さがカップのサイズにぴったり。うがいをする前に洗ってやるだけで、うがいでは落ちない塗料も、うがいの回数も減ってくれます!

エアブラシでの塗装は非常に溶剤を消費しますので、少ない量でしっかり掃除できる専用の筆は非常にありがたい商品でした!購入してから3か月以上、ツールクリーナーの中で雑に使われていますが、全然だめになりません。(使用後はブラシクリンで洗っています)

今日紹介しました商品の中で一番のおすすめです!エアブラシを使う方はぜひ使ってみてください!

さてさて、今回の道具紹介は以上となります!何か気になるものはありましたか?

次は何にしましょうか…何も決めてませんが!

ではではノン

doranobook.com

www.tamiya.com

shop.godhandtool.com

www.hiqparts.com

最近買った模型道具紹介! その1 (クリーニングブラシ・ペイントベース・キャップオープナー)

 

どもども、こんにちは

なんとなくやってみたかった、道具紹介始めます。最近と書いてありますが、買ってからしばらく使ってみてなので…最近ではないです…

気になっては使ってみて、放置されるを繰り返している中から適当に選んで紹介していきたいと思います!

良かったものもあまり使えなかったものも、そのまま記事にしたいと思います!

まずは…

タミヤ ミニ四駆クリーニングブラシです。

こちらはモデルクリーニングブラシという、除電ブラシをミニ四駆用?に細く少し硬めに作られています。

並べるとこんなに差があります。軽くのった埃を取るのはモデルブラシで十分ですが、少し放置された模型などを掃除するには、しっかりとれるブラシもあると便利でした!

製作用・完成後の掃除用として1本ずつあっても良さそうです。

ブラシの反対側についていますヘラは、ステッカー貼りに使うものでマスキングテープを貼るときなどにも活躍してくれます。また細かい所ですが、ブラシのキャップが抜くのではなく押し込んでブラシを出せるようになっていますので、無くす心配がないのも非常に良い点でした!

まとめますと、買ってよかったです。

 

続きまして…

プラモ向上委員会ペイントベースターンインターンです。

こんな感じのものが2個セットになっています。とりあえず使ってみます

あ…よく調べずに買ってしまいましたが、対応する塗装棒は3ミリとなっています…

私がよく使っているこのあたりの太めの塗装棒や逆に細い金属製のものでは、安定感がなくうまく使えませんでした。そういえば使ってない塗装棒が…

しっかり刺さりました。クレオスの塗装棒はぴったり使えます!

ということで使えるのはわかったので、しばらく使ってみましたが…思ったより汎用性がなく使いづらかったです…想像していたより小さく、パーツを持った状態では刺せる本数がずいぶん少なくなってしまいました。

なんで買ったのかと言われてしまいますが、回転をいまいち活用することができなかったです。回転すること自体は、とてもスムーズで使い方次第では便利なものになるかと

こちらは…個人的に爪とぎタイプの小さいもので十分だったことがわかりました…

 

今回最後の商品は…

これ。クレオスのMr.キャップオープナーになります。

現在部屋の改装を行っています、ついでに塗料の整理もしておこうと数百個の塗料瓶を確認のために開け続けました。指を痛めるくらいなら気にせず行えていたのですが、いつのまにか爪まで痛めてしまい、とってもつらいです…

めんどくさがらず、最初からこれを使っていればと何度も思いましたので、紹介する予定ではなかったこちらを入れることにしました。

軽く商品の説明もしておきます!クレオスの古いタイプの瓶から10・18ccの瓶を開けられるようになっており、ついでに滑り止めとなるボトルグリップもついてきます。これを使って開けられない瓶は今のところありませんでした!

クレオスの専用と書いてありますが、普通にタミヤの瓶にも使うことができます。さすがに全然形状の違うガイアなどは使えませんが…

持っていない方は、とりあえず持っておくことをお勧めします!!!

 

さてさて最初の道具紹介は以上となります。意味の分からないラインナップに、たいしてあてにならないレビューですが…気になっている方に少しでも役に立てればと思います。

気が向きましたら、また適当に記事にしてみたいと思います

もしこの商品は使えなくない!など意見がありましたらぜひ教えてください。使わずにいるのは大変もったいないので…

ではではまたいつかノン

doranobook.com

今回紹介しました商品の公式ページになります

www.tamiya.com

plamokojo.com

www.mr-hobby.com

インスタ作ってみました

どもども、こんばんは

先日も書きましたが、インスタグラムのアカウントを使い始めました!

アカウント自体は結構前に作っておいたのですが、投稿は初めてとなります

こちらになります!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by どら (@dora_model)


インスタでは製作中のものや製作品などをちまちま上げていこうかと考えています!こちらには上げていないものなどいろいろあるかもしれません!

ぜひご覧ください!

しかしインスタはハッシュタグが重要ということで、慣れませんが色々と勉強中であります…若い方々がこれを使いこなしているとは…

ブログの端の方にリンクも貼っておきますので、気が向いたときにでも見ていただければと思います!

ではでは簡単な報告でした。

お知らせ 製作をしばらくお休みさせていただきます。+今後の方針

  どもども、こんにちは

今回はお知らせとなります。まあタイトルにある通りなのですが、前回のれおぱるとを一区切りとさせていただきまして、一時製作のお休みとさせていただきます。

お休みの理由としましては、作業場の改装をしたいと思っています。

たいした理由ではありませんが、塗装環境や床にちょっとしたマットを敷いたりとそれなりに手間のかかる作業となってしまいます。作業中にキットをいじっても、パーツを無くしてしまったりしては悲しいので…

より模型製作に集中できるような環境ができればと思っています!

期間は改装作業自体2週間もかからないと思ってはいますが、そこから製作再開して製作記事にできるまでは、さらに時間がかかってしまうかと思います。1か月とちょっとでできればいいなと思っています!

 

続きまして

さてその期間ですが、せっかくなので新しいことにも挑戦してみたいと思っています。

例えば模型関連の道具などを紹介してみたり…所謂ブロガーっぽいことです!あとはインスタグラムも始めてみたいと考えています。正直インスタは何もしらないのですが…

そちらでは今まで作ったものの写真や、記事にも上げていないような以前に作った作品なんかも上げてみたいともいます。現在いろいろ設定中ですので、もうしばらくお待ちください。完成しましたらぜひ見ていただければと思います!

もっともっとやってみたいことはたくさんあるのですが、私の頭では…

これらは今後の製作には特に影響ないよう、あくまで製作が第一として考えております。また製作を開始するまで、しばらくお待ちください!

ではではお知らせとなりました!ノン