どらの自由帳

最近は模型の製作がメインになっています

MG1/100 RGM-96X「ジェスタ」 初めてのガンプラ製作!その4

どもども、こんにちは

前回で基本色が塗り終えましたので、今回から仕上げになります!

doranobook.com

まずは2回目になる組み立て…

胸の装甲は一度はめると外すのが大変なので、裏から穴をあけて外しようにしてあります。

ちなみに、コックピットを開けることは考えておりません。そもそも、開けるのが大変で塗装を剥がす硬さなので…

頭部になります。クリアパーツはまだこの時点ではつけません。

センサー類はこんな感じになります。

今回はちゃんと関節部分もつけていきますが、これが後々の失敗につながります…

今は楽しく2回目の組み立てを行っています。

腰になります。スカート内側についている可動部は何に使うのかよくわかりません…

足は武器色が使われています。結構気づくのが遅くなり、危うく塗り忘れるとこでした。

足は一番の見せ場かもしれません。

細かなパーツが綺麗に組み合わせります。

バックパックは外すのがかなり大変です…

こんな感じになります。

武装類、アームは少しだけ塗り分けをさぼっています。

まあしかし、マークも良い感じになっていると思います。

そしてすべてのパーツを

記念に合体!まあすぐ外してしまうんですけど…

さて!ようやくここから仕上げに入ります。

ウェザリングカラーのシェードブルーを装甲部分のみフィルタリングしました。

またクリアーを吹いた後、エナメル…エナメルのブラックで墨入れを始めます…

割れます。。。ショックです。エナメルで割れることを知っておきながら忘れて使ってしまいました…かなりぴったりはまっている部分でしたので、注意しなければいけませんでした。まあしかし、これも初めての経験なので、よい勉強になったと思います

この部分はひび割れは修正しましたが、関節部分はがっつりいってしまったので、あきらめています…

続きまして、アモ製ドライブラシ塗料のグレーで全体的にドライブラシを行います。

また1色だと単調になってしまいますので、ガンメタルも使いより角になる部分を中心にドライブラシを行いました。があんまり差が写真ではわからなくなりました…

続いてマーキングをいれます。しかしずっと水転写デカールかと思っていたものは、普通のシールとガンダムデカールというドライデカールでした。。いまから水転写を手に入れるのも大変なので、そのまま貼ることにしました。なるべくガンダムデカールを貼っています。

メーカーロゴと機体番号はいれず、所属のベルマークや連邦マーク・細かな表記のみ入れることにしました。

しかし、シール部分はやばり多少目立ってしまいます。最初のガンプラなのでそこまでこだわるのはやめましたが、水転写のデカールは備えておいてもいいかもしれませんね

最後にプレミアムセミグロスクリアーを吹いて、すべての工程が完了しました!

再び組み上げれば、完成になります!

さてそれではいつもの感想となります。

初めてのガンプラとなりましたので、正直ほかのキットと比べようがありませんが、ガンプラがこれだけ人気で評価されている理由がすこしわかった感じはします。これだけ組みやすく、精度もよいのでそのままでも十分楽しめますね!ただ個人的にはヒケがすごかったり、手・指の可動は凄いのですが扱いづらさも感じてしまいましたね。

塗装に関しては、仮想の物で塗り分けが多いので塗装の手順を考えるのがまるでパズルのようでした。これに合わせ目消しなど接着も考えると、どんな形で塗装しているのか想像もつきません…すこしずつこういったものの勉強もしていこうと思います…

しかしこうして、MGの実物を作ってみますと思った以上に迫力があり、写真やお店で飾ってあるものよりずっと大きく感じます。実際大きいですが…ジェスタも地味かもしれませんが洗練された感じや、ネイビーブルーの落ち着いた感じがとてもよきです!

なにかまた刺さるものがあれば挑戦したいと思います!

それでは少し長くなってしまいましたが、最後までご覧いただきありがとうございました!

ではではノン

ちゃんとした写真は、すこしポージングを練習してからになります…(壁が汚れているのは塗装中に事故があったからですごめんなさい…)

後日スタンドも買っておきました。500円は安い!あると全然違いますね。

MG1/100 RGM-96X「ジェスタ」 初めてのガンプラ製作!その3

どもども、こんにちは

前回からジェスタの塗装となります!

doranobook.com

しかしガンプラの塗装手順がわからないため、かなり適当な順番で塗っています!どんな手順で塗られているのでしょう・・

まずはこちらを

ばらします。接続部分は塗装しない方が良いらしいのでマスキングしておきます。

適当にさしておきます。接着しない分、接続部の持ち手は多いですね。

それでは塗ります。

まずはガイアノーツのメカサフ・ライトを全体に吹きました。こちらのサフは専用の溶剤と使うことでかなりの強度になるそうで、ロボットなど可動の多いものに向いているらしいです!その分高いですが…

続きまして、ジャーマングレーでパネルラインを吹きます。がほとんど意味なくなります…思っていたより機体色が濃かったです…

本体色を入れます。こちらは専用色がありませんので、指示に従って色を作ります。ネイビーブルー70%+インディーブルー15%+ブラック15%+パープル少々と結構色を使います。またここから調色で使った色はすべてクレオスになります。

色ごとにパーツが分けられているので、マスキングせずパーツを外しておきます。どのパーツだかわからないくなりそうなので、部位ごとに分けておきます。

このあたりから、たぶん迷走しています。

装甲をすべて外し、フレームを塗っています。こちらは先ほど使ったメカサフを吹きなおしています。メカサフはフレーム色にも使えるそうです!

こちらは、太腿などの塗装になります。ブルーグレー90%+ブラック10%となります。

最後にエリ・シールド下などの部分(ブルー50%+パープル40%+ブラック10%)と、武器色(ニュートラルグレー80%+ブラック10%)を塗っています。

またミサイルは指定が明灰白色となっていますが、なんとなく気に入らなかったのでC311、グレーFS36622を使用しています。より白に近いグレーになります。

結局下地を活かすことはほとんどできていません…濃い色は上から明るくした同じ色を塗った方がよいですね!

細かい塗装は筆で行います。足裏は塗った部分の光沢が目立っていますがちゃんと塗り分けています。

足裏・腰V字の黄色はイエロー80%+オレンジ15%+ニュートラルグレー5%となります。

またちょっとした部分の塗装は勝手に塗っています。シリンダーっぽいものやチューブ類、バックパックのスラスターなど。しかしスラスターならメタリックグレイより金を強くした方がよかったかもしれません。戦闘機のノズルをイメージしてしまいましたが。

とりあえず、すべての塗り分けが完了しました!

こうしてみるとなんとパーツの多いことか…MGとは思った以上に大変です。

今回使った色はこんな感じ。えり部分の紫は取っておくのを忘れてしまいました。

次回は2回目の組み立てと仕上げになります!

ではではノン

doranobook.com

MG1/100 RGM-96X「ジェスタ」 初めてのガンプラ製作!その2

どもども、こんにちは

前回に続きまして、ジェスタの組み立てを行っていきます!

doranobook.com

まずは腰から

なかなか可動部が多いです。

腰回りのスカートになります。スカート内側にも細かな可動部がありますが、どれもやや硬く動かしづらいですね…

脇のグレネードラックを忘れていますが、なかなかいい形していると思います個人的に…

続きまして足。足だけでもかなり動いてくれます。

装甲を付けます。よく見えると、フレームの色と甲あたりの暗いグレーは色が違いますね!結構似ているようで違うパーツがあるので気を付けないといけません。。

続いて足本体、本体?フレームだけでも十分作品になりそうな作りこみです。

ここの関節部分のパーツも後付けとなります。装甲のパーツわけは多いですが、モールドに合うよう設計されているので、ほとんど合わせ目が気になりません。この辺りもガンプラの人気のひとつなのでしょう。

立たせるとこんな感じ。この太さが気に入っています。

腰につけますが、相変わらずのシュールさ。人形ポージングの難しさを痛感しています。

上下をくっつけます!しかし、改めて写真で見るとなんとも、斜めっていて不安定な感じがひどいです。ま、まぁ仮組なので…

バックパックも内側がしっかり作られているんですね。

ノズルが動くくらいのとてもシンプルなバックパックになります。ファンネルや羽をたくさんつけた大型の物もかっこいいですが、シンプルなものにもその良さがあると思います。たぶん

軍の正規採用機として、うまく機能をまとめている感じは好みではあります。

ライフルになります。かなりシンプルな形をしていますね。説明書にはちゃんと各パーツの名称も載っています。まあ名前を見たところで機能はわからないのですが。

あと気にしちゃいけないのかもしれませんが、直接覗くスコープって必要なのでしょうか?最近の米軍でも暗視ゴーグルにスコープの映像を出せる装備が出ていますし、コックピットに直接照準を出すのでは…なんて野暮な考えを持ってしまっていました。

続いてシールドになります。なんだか不思議な形をしていますね。

これまたあれですが、シールドにミサイルが付いているのは防御時に吹き飛ばないんでしょうか?最近どこかで聞いた、ミサイルは戦闘前に打ち切って空になるから船にむき出しで装備しても大丈夫な理論を思い出してしまいました。

表に出ている4発が最大数なら、意外とすぐに使ってしまうのかもしれませんね。

ライフルは腰部部に、シールドはバックパックからアームで固定できます!このアームがお気に入りです。

とりあえずの仮組が終わりました!

後姿はとってもかっこいいです!いやいや、思っていた以上にMGとはでかかったです。しかしそれだけで、十分なかっこよさがあり、もうこれだけ飾っておいてもよさそうな気がしてきました。

まぁ塗装も行いますが、パーツ数にちょっと不安になっています。。

またこのあとヒケが気になったので、また全体的に軽く削っています。ガンプラは精度がよく組み立てやすくて、そのままでも塗り分けがされていて完璧なプラモデルかと思っていましたが、ある意味安心しました!全体的にヒケがすごいです、それでもこの出来はすごいんですけどね。

それでは次回から塗装に入りたいと思います。ちなみに仮組から塗装まで2か月近く放置…悩んでいた気がします。

ではではノン

doranobook.com

MG1/100 RGM-96X「ジェスタ」 初めてのガンプラ製作!その1

どもども、こんにちは

以前ご友人から頂いたプラモデルを、時間があるときに少しずつ進めようやく記事にすることができました!だいたい6か月くらい放置…じ時間がかかりました。。

それでは今回作りますのはこちら

バンダイMG1/100地球連邦軍特殊作戦用モビルスーツRGM-96X「ジェスタ」となります。

ご友人からのプレゼントと言っておりますが、機体は私が選ばせていただきました!初めてのガンプラ製作となります。ガンダムの作品自体はそこまで見ているわけではないのですが、その中でも特に印象に残ったのが、落ち着いた色合いでシンプルかつ装甲もしっかりありそうなミリタリー色の強いこの機体でした!

初めてのものにしては自分でも少しずれてるかなとは思いますが…

作品内での活躍はあまり気にしていなかったのですが、調べてみますと特殊作戦用とあるようにパイロットもエリートだったようです。そんな印象は…

まあ詳しい事はあまり知らないので他の方にお任せします…

さっそく中身を見ていきます!

なんだこの量!

なんだこの量!!!

ガンプラとはこんなにもパーツが多いものなんですね…想像以上でした。ランナー・パーツの管理も大変そうではありますね。様々なパーツがありますが、まぁ組んでいけばわかりますかね。

以下初心者が試行錯誤しながら初めてのガンプラを作っていく様子になります!

コックピットに座る連邦軍パイロット。

なんだかもう、いろんなパーツが新鮮で面白いです。これは肩との接続部になります。

胴体内部、パイロットの足がちらっと見えますね…結構可動部がパイロット前面にありますが、弱点になったりしないのでしょうか?

装甲を付けます。胸の部分は装甲らしいですが、フェーズドアレイレーダーみたいな形してますね。

頭。内部はライトが胸からしっかり通るように上手にクリアパーツが配置されています。ライトもそのうち買ってみますが、指定の赤があまり見かけなくてちょっと困ってます…

電子機器類を取り付けます。若干アンテナを薄くしています。また説明書を読んでいて驚いたのが、顔の目に当たる部分はサブカメラで、メインカメラはおでこについているものらしいです…

腕の内部。またこれも常識なのでしょうが、関節が2重に曲がるのもよく考えて作っていますね…

これもまたすごい!すごいばかり言ってしまいますが、、しかしゲートの量もすごいです。一番処理が大変でした。

腕の装甲もつけます。関節部分のパーツは付けたら取れなくなってしまうので外しています。外すの本当に大変だった…

また肩・胴体との接続部分の装甲の向きが上下逆です。なんか動きが少ないとしばらく気が付きませんでした…

作っている途中の画はシュールですね…

話が多くなってしまいましたので、今回はこのあたりとなります!

次回は下半身です

ではではノン

完成品販売 タミヤ1/35 アメリカM1A1戦車 ヤフオク出品中

どもども、こんばんは

ヤフオクにて新作を出品させていただきましたので、そのご報告となります。

page.auctions.yahoo.co.jp

どうぞよろしくお願いいたします。

また製作記事・完成写真の記事も出してありますのでご覧いただければと思います。

doranobook.com

doranobook.com

どうぞこちらも、よろしくお願いいたします。

今回のキットは初めての焼き止め式履帯を使用しています。古く、耐久性に不安があるものですので取り扱いは丁寧にお願いします。

以上、出品のご報告でした!

ではではノン

タミヤ 1/35 アメリカ戦車M1A1戦車エイブラムスを作る 完成写真

どもども、こんにちは

f:id:ledora77x:20220401102310j:plain

先日完成いたしましたM1A1エイブラムスの写真となります!

マーキングは「第1機甲師団A車」となります。単色タン(クレオス)での塗装に、フィルタリング・ドライブラシ・墨入れ等をおこないました!

それでは写真になります。

f:id:ledora77x:20220401102658j:plain

f:id:ledora77x:20220401102902j:plain

f:id:ledora77x:20220401102957j:plain

f:id:ledora77x:20220401103050j:plain

f:id:ledora77x:20220401103138j:plain

f:id:ledora77x:20220401103250j:plain

f:id:ledora77x:20220401103411j:plain

f:id:ledora77x:20220401103628j:plain

以上となります。ご覧いただきありがとうございました!

また製作記事もありますので、そちらもよろしくお願いします。

それでは次の作品で、ではではノン

doranobook.com

doranobook.com

タミヤ 1/35 アメリカ戦車M1A1戦車エイブラムスを作る その2

どもども、こんばんは

前回から続きまして塗装になります!

doranobook.com

f:id:ledora77x:20220331192211j:plain

サフ吹きます。

f:id:ledora77x:20220331192318j:plain

ジャーマングレーでパネルラインを入れます。ゴムやペリスコープ部分を先に塗りマスキングしておきます。

f:id:ledora77x:20220331192531j:plain

基本色はクレオスのタンを使用しました。タミヤは何か自分には使いづらく感じてしまい、クレオスのタンは色がしっかり出てくれて使いやすいです。

f:id:ledora77x:20220331192924j:plain

ずいぶんと工程が飛んでしまいました!

まずフィルタリングをWCスポットイエローにて行いました。明るくなりすぎたりするものをだいぶ落ち着かせてくれます。

続きまして細かな部分を塗装しました。弾薬箱の塗り分けを忘れかけました…しかし説明書には車体色と同じように記されていて、いまいち正確ではありません。

そして墨入れもダークブラウンで行っています。

f:id:ledora77x:20220331194032j:plain

ドライブラシをライトイエローにて行います。

f:id:ledora77x:20220331194200j:plain

履帯を巻きますが、これ焼き止め式の履帯でした!普通にラッカーで塗装してしまいました。下地をもう少ししっかり塗っておくべきでした。。。しかし後々のクリアーでとりあえず触らなければ問題なさそうですたぶん…

f:id:ledora77x:20220331194735j:plain

デカールを張り、細かなパーツを取り付けます。

そして最後にセミグロスクリアーを吹きましたら、完成になります。

お、思ったよりでかかった…自衛隊90式と長さはほとんど同じなのですが、幅がすこし広いです。それだけで結構違ってみますね。

さて製作の感想になります。

何より古いというとこでしょうか、パーツ数は少なくほとんど簡単に組みあがるのですが、精度がいまいちな部分があったりと新しいものに比べたら時間がかかってしまうかと思います。しかしそれでも、それなりには仕上がると思います!

M1シリーズは他にも3種類くらいありますので、作り比べてみるのもいいかもしれませんね!そのうち反応装甲をつけたものを作ってみたいです!

それではまた次のキットで(次のキットの準備が遅れていますので少々時間がかかってしまうかもしれません)

最後までご覧いただきありがとうございました!ではではノン

doranobook.com

f:id:ledora77x:20220331200642j:plain

f:id:ledora77x:20220331201356j:plain

写真が少なかったです…ちゃんとした写真も別記事にて上げさせていただきます